トイレットペーパートイレのつまりは、どのようなケースでおこるのでしょうか。普通にトイレを使っている場合にはトイレがつまることは多くありません。一方で、あまりも多量の便を流してしまうとトイレがつまってしまうことが起きてしまいます。また、水に溶けにくい紙を流してしまうと、やはりつまりの原因となってしまいます。

トイレにはトイレットペーパー以外のものは絶対に流さないようにすることが肝要です。女性の方でしたら、生理用品などは絶対に流さないようすると良いでしょう。男性の方も同様です。トイレットペーパーの代わりにティッシュなどを使った場合にはそれもつまりの原因になってしまいますので、流さないような配慮が必要です。

ティッシュペーパーは水に溶けるように作られていませんので、水で流せても排水管などでつまるおそれがあります。

トイレなどにものを落とさないようにすることも必要です。携帯や財布などをトイレに落とすことが無いように常に注意しておくことが求められます。

トイレを普通に使っていても、トイレが老朽化してしまうとだんだんとトイレにものがつまるようになってしまいます。作られてから時間が経過しているトイレを使用している場合には、できるだけトイレが詰まらないように気を付けながらトイレを使うようにすると良いでしょう。一度に多くの量の排便をしてしまった場合には何回かに分けて流すようにするとつまりにくくなります。トイレットペーパーも同様に一度にたくさんの量を流してしまうとつまりの原因になってしまいますのでできるだけそれをしないように気を付けておくようにするといいでしょう。


▼関連記事▼

  1. 節水によるトイレのつまり
  2. お手入れでトイレつまり予防
  3. 改造してトイレのつまり解消